介護士の心がまえ

介護士の心がまえ

ていねいな人になる

介護士になった著者が最も課題にすることが「ていねいな人になる」こと。就職当初の数々の失敗談と、意識改革をして「ていねいに生きる」を目指す、今の思いを綴ります。
TSUBOのつぶやき

「うつ」と「教育体制の脆弱さ」

このブログで著者は、「介護職への参入」を皆さんに呼びかけておりますが、 介護の職場において私が、大きなマイナス面と感じていることを、一つお伝えしておきます。 それは、「うつ状態」になってしまう職員が、時折あらわれることです。 もちろん介護の...
介護士の心がまえ

最優先は、利用者さんの安全を守ること

介護初心者の私に上司から繰り返し教え込まれた、大事な言葉。 『いのちをあずかっている仕事』 ⇒『命の責任を背負う覚悟を持て』が真意 と私はとらえています。 介護の仕事は、他の何よりも「利用者さんの安全」を優先させなければなりません。 どんな...
介護士の心がまえ

「敬語」で話す大切さ

ご利用者さんとコミュニケーション(会話)を行う場面は、沢山あります。 年上の方と話す時は、「敬語」が基本です! 相手に敬意を示す言葉が「敬語」です。 介護保険法では、要介護状態となった高齢者の 「尊厳の保持」が趣旨として明記されています。 ...
介護士の心がまえ

チームワークが大事

介護現場では、 スタッフ間の連携・協力が非常に大切です。 様々な場面で、連携プレーが必要となります。 例えば、 ・ある利用者さんを介助中、別の要介助の利用者さんがトイレに行こうとされる場合 ⇒すぐに声を出して、他スタッフの助けを求めます。 ...
介護士の心がまえ

何よりも健康第一!

『介護職は身体が資本』 自分が元気でいなくては、利用者さんを元気づけることは出来ません。 また、少し風邪気味の場合でも、利用者さんや同僚にうつしたくないので、マスクを着けていても消極的な行動をとるようになり、十分なパフォーマンスが出せないで...
介護士の心がまえ

介護職への心がまえ(★重要)

介護職3年目のTSUBOが考える、介護職への大事な心がまえをいくつかお伝えします。 あくまでも私独自の考えですが、皆様に少しでもご参考になればと思う次第です。 気概を持って、日々の仕事に挑む ※気概(きがい)・・・困難にくじけない強い意気。...