チームワークが大事

介護士の心がまえ

介護現場では、

スタッフ間の連携・協力が非常に大切です。

様々な場面で、連携プレーが必要となります。

例えば、

・ある利用者さんを介助中、別の要介助の利用者さんがトイレに行こうとされる場合 ⇒すぐに声を出して、他スタッフの助けを求めます。

・レクリエーションの際に、座席の移動・ゲームの補助など、他スタッフの協力が必要となる。

・「洗濯物を取り込みに行くので、ホールお願いします」、「〇〇さんが不穏気味で玄関から出られる恐れがあるので、お互い気を付けましょう」などのように、声をかけ合って連携を図る。

このようなケースはひんぱんに起こるので、つねにスタッフのチームワークが求められます。

個人プレーや、自分勝手な行動は、許されません

また、情報の連絡・記録は、介護の仕事では非常に重要となります。

スタッフは交代制で勤務しているため、当日に居ない者にも日々の情報を伝える必要があります。

もしも自分が気に入らないスタッフがいたとして、その者には必要な情報を伝えないとしたら、そのことが要因で、非常に大きな支障・問題が発生してしまう可能性もあるのです。

そんなことはあってはならないのです。

気が合わないスタッフが居たとしても、業務では必ず、お互いを尊重し合って、協力していかねばならないのです。

自己中心的、自己主張が強すぎる、わがまま、思いやりが足りない、

といった人間が存在すると、チームワークにひびが入っていくでしょう。

とくに、自分が経験の浅い新人ならばなおさらのこと、誰よりも謙虚な心構えを忘れずに、上司や、すべての同僚に対して敬意をもって接していくべきです。

そして、職場全体のチームワークをつねに良い状態に保っていくためにも、

日本ラグビー代表で流行語になった

「ワンチーム」「一人がみんなのために」

の精神が、まさに介護士には求められるのです。

「チームみんなのために、一人一人が手を抜かず、責任をもって職務を全うする」

大切なことですので、しっかりと心構えをしておきましょう。

 

 

 

コメント