50代とくにおじさん方へ セカンドキャリアに介護転職のすすめ

おすすめ理由

 

50歳にさしかかるといよいよ「仕事人生の後半戦」ですね。

これから定年までの会社における自分の存在価値などに、不安を感じてきていませんか?

「自分のスキルの伸びしろのなさ」「ずっとモチベーションを維持できるのか?」

「会社のお荷物になっていかないだろうか」

などの不安を、少しずつ抱き始めてはいませんでしょうか?

かくいう、この私がそうだったのです。

50歳あたりから、「この先の会社での自分の価値に、不安が大きくなっていった」

という記憶がございます。

「これからも会社の利益アップのために、ガムシャラに貪欲に働き続けていけるのか?」

「社長としては、自分がそろそろ居なくなったほうが嬉しいのではないか?」

そんなネガティブな不安がつきまとっていたのを覚えています。

私の場合、家庭事情も重なって30年ぶりに帰郷し、新しい職を探すことを決意。

長らくお世話になった会社を、ついに円満退職。

しかし再就職先を探すにあたって、今の社会は資格や技術も持っていない50代おじさんの転職を

喜んで受け入れてくれる会社など、稀有と言ってよいのが現状。

多くの会社としては、戦力の中心は3~40代であり、50代の求人は敬遠されがちなためです。

あれこれ悩んだ末に、私がセカンドキャリアとして選んだのが「介護職」でした。

今の日本社会で

「我らおじさんの再就職に、門戸が大きく開かれている貴重な職業」

それが「介護職」なんです。

しかしながら、私が介護職を選択したのは、ただ就職しやすかったから だけではございません。

50歳を過ぎた私は、

「残りの仕事人生後半は、純粋に社会の役に立てる仕事をしたい」

そんな思いにかられていたのです。

ずっと中小製造企業で勤めてきた私は、「会社の利益を何より優先」というスタンスで働いてきて、

「自分は、本当にちゃんと社会の役に立てているのか?」

そんなわだかまりを抱きながら、勤めてきた仕事人生だったのです。

そんな私が転職の仕事を考えたときに、つねに頭にちらついていた職業が、人手不足で困っていると聞いていた介護職でした。

「社会の役に立てる福祉の仕事」へのあこがれが生まれていたのです。

偶然にも、スポーツの友達と、飲み友にも介護職をしている女性が二人いて、介護の話を聞かせてもらいながら、「僕でも介護の仕事は務まるだろうか?」そんな問いかけに友達は、「できるよ」と言ってくれた。

こんなふうに少しづつ私は、介護職へと気持ちが傾いていったのです。

給料は低いし、精神的にもラクではない、介護職。

正直、かなり悩んだ私ですが、

「社会への貢献」・「福祉の仕事へのあこがれ」の気持ちを優先しよう

と最終的に決断したのです。

 

未経験で飛び込んだ世界、勤めてようやく3年経とうとしております。

やってみると、やはり決して楽な仕事ではありませんでしたが、

「この仕事を選んで真底良かった」

「仕事人生ラストを高いモチベーションを保ってずっと働いていける」

そんな手ごたえを感じながら働いている、今の私がいます。

こんな私から中高年男性方へ、

仕事人生の岐路に立っていて、私と同じような気持ちが芽生えている人。

そんな方々へ、セカンドキャリアとして

介護職を選んでもらうことを

ぜひともご一考をおすすめしたく、このブログで思いを綴っていきます。

 

コメント